特集バックナンバー:

ビジネスアイデアの重要性

ビジネスアイデアの重要性

「アイデア」というと大変難しく感じ、自分にはとても思い浮かばないと言う人がいますが、これから起業をする事業のアイデアがなければ、後になって困ることになります。競合相手がたくさんいる市場で、競合相手と同じようなやりかたでビジネスをしていても、運営は良い方向には向かないでしょう。後になって価格を下げてさらに経営が苦しくなる事態にもなりかねません。

そのようにならないためにも、ビジネスアイデアを持つことは大切なのです。競合他社との差別化を図る、独自の特徴を持てるアイデアを考えましょう。

また、アイデアはできるだけたくさん持つ方がよいので、常に新しいアイデアを見つけるようにしましょう。

ビジネスアイデアの重要性
ビジネスアイデアの考え方

先ほど、ビジネスアイデアが、事業を運営するにあたって重要であることを確認しました。
ここでは、そのビジネスアイデアを、どのように考えればよいか説明します。

「アイデア」というと、誰も想像できないような、新しいことを思いつくことだと考えてしまいがちですが、実際は、自分がこれから起業をする事業について、「この部分をこうすればもっとよくなる」ということからでも、アイデアを考えることができます。
また、現在ある商品や、サービスを少し工夫することでも、それをビジネスアイデアとすることができます。

具体的には、次の事柄からビジネスアイデアを考えることができます。

  1. 現在の市場における問題点(社会のニーズ)に応えている事業なのか?
  2. 現在の市場に対する期待値(社会のニーズ)に応えている事業なのか?
  3. 今後市場の成長が見込める事業なのか?
  4. 既存の商品、サービスそのもに対する不満がある事業なのではないか?
  5. 既存の商品、サービスに対する価格面での不満がある事業なのでないか?
  6. 従来の商品、サービス販売方法・宣伝活動などを変更する必要のある事業なのではないか?
  7. 社会、市場の変化に伴い発生する事業、変化を必要とされる既存事業なのではないか?

自分の身の回りに、アイデアとなる要素はあるはずですから、それを見逃さないようにしましょう。アイデアを難しく考えすぎないことが大切です。

特集バックナンバー: