特集バックナンバー:

独立の動機固め

起業の動機の考え方

『起業までの流れ』でも確認しましたが、起業をするにあたってまずしなければならないことは、独立の動機固めです。

起業の動機を持つことは常に大切ですが、それは起業の決断や起業をしてから困難に遭遇したときに、起業の動機をしっかりと持っているかどうかで、その後の方向が変わってくるからです。

起業の動機ですが、「なぜ起業するのか」と考えることが大切です。 しかし、その動機は、お金や名誉だけを追求するものは望ましくありません。起業をし、事業を運営することによって社会に貢献し、顧客を喜ばせたい、という思いが必要です。また、起業をすることによって、新たに手に入れることができるものや、逆に失うものがあります。そのことも考慮して、起業の動機を固めるようにしましょう。

起業の動機を明確にして、自信を持って起業に臨みましょう。

起業の動機の考え方
独立の動機固め質問事項

次の質問に答えながら、独立の動機や、意思を固めていきましょう。
独立に今一歩踏み出せない人も、この質問に答えられるようになれば、独立の自信が出るでしょう。

なぜ独立するのか?
【例】趣味や特技を生かしたい、今までの仕事の経験や知識・資格を生かしたい、自由に仕事をしたい。
独立し、何をするのか? 何のビジネスをするのか?
【例】経験したことのある業界、自分の資格(知識)を生かせる業界。
それはやりがいのある仕事か?そのように思う理由は何か?
【例】社会に貢献できる仕事である、一企業の社長として、社会的肩書きを手にできる。
独立をすることで自分の人生が充実するか?そのように思う理由は何か?
【例】収入は増えるのか、減るのか?家族と過ごす時間は増えるのか、減るのか?自分自身の成長に繋がっているか?

自信を持って、これらの答えを出せるようになるまで考えましょう。 逆に、自信を持って答えられないのであれば、まだ独立する時期ではない(独立準備ができていない)と言えるでしょう。 その場合は、自分自身にとって、独立する意味を再度よく考え直してみる必要があります。

特集バックナンバー: