特集バックナンバー:

資金計画

資金計画の重要性

事前調査がしっかりとできたら、次は資金計画を立てましょう。

資金計画ですが、起業のために必要な費用の資金計画と、起業をした後に必要な費用の資金計画の両方を作成する必要があります。
資金計画は、事業運営を行う際の資金の流れを予測、把握し管理するものですから非常に重要です。

資金計画の重要性

また、この資金計画は
「実際に起業をすると、これだけの利益を出せる」
と具体的に証明できるものでもありますので、その点から見ても、資金計画は非常に重要であるといえます。

逆に言えば、資金計画を作成しても、それが採算のとれないものであれば、事業内容をもう一度考え直す必要が生じるでしょう。
いずれにしても、事業がうまくいくかどうかの判断は、資金計画を的確に作成できるかどうかにかかっています。

資金計画の作成

ここでは、起業時の資金計画と、起業後の資金計画について説明します。

起業時の資金計画

起業時の資金計画についてですが、大きく分けて資本金と開業資金について計画を立てなければなりません。

資本金についてですが、最低金額に制限はなく、1円からでも各種の会社を設立することができます。

開業資金とは、事務所・店舗に費用や宣伝費を始め、開業手続き費、当面の運転資金などのことです。また、自分の生活費についても忘れてはなりません。

起業後の資金計画

起業後に必要になる資金は、運転資金です。

運転資金とは、企業が原料購入や人件費の支払い、あるいは、在庫投資など日常活動に必要とする短期の資金のことです。

また、この運転資金は、季節要因により大きく変動する場合もあり、そのような時は「運転資金」額は増加しますので、新たな資金調達の必要性が生じてきます。

そのため、このような緊急事態も想定した上で、運転資金の確保・管理はしっかりと行うようにしましょう。

資金計画の注意点

起業をするにあたって、また起業してから事業を運営するにあたって、必要となるであろう資金については、もれなく考えるようにしなければなりません。
黒字倒産にならないためにも、運転資金の調達法を考えるなど、資金繰りを上手にする必要があります。

資金計画は、今後の事業運営を左右すると言えるほど重要なものですから、できるだけ現実性のある計画を、綿密に作成しましょう。

資金計画の注意点
特集バックナンバー: