特集バックナンバー:

経営形態の決定

経営形態の選択

事業計画書の作成が終了し、ある程度、起業のイメージが固まってきたところで、次は具体的にどのような形態で独立をするかを選択します。

経営形態は様々あり、例えば法人格を持つ会社は株式会社・合同会社(LLC)・合名会社・合資会社があります。

経営形態の種類は様々ありますが、どの経営形態を選択するかは、事業内容や資金などを考慮して決定するようにしましょう。

経営形態の選択
経営形態の選択にあたっての注意点

経営形態によって、開業費用や資本金額が変わりますので、確認しておきましょう。

また、法人事業を設立する場合、社会的なイメージが良いというだけで株式会社を選択すると、後々資金繰りに困ることになる場合もありますので、その点についても注意してください。

  • どの経営形態にもメリットとデメリットがあります。
  • それらを全部理解した上で決定してください。
特集バックナンバー: