特集バックナンバー:

登録日:2009年11月26日

起業は良いことばかりではなく、もちろん問題点もあります。
どのようなことが問題になりやすいのか、起業時、起業後で問題点をまとめました。

point
女性起業家の起業時の問題点は「資金」「顧客・人脈」「知識・ノウハウ」が多くなっています。
女性起業家の起業後の問題点は「人材」「資金」「顧客・人脈」が多くなっています。

起業時の問題点(3つまで複数回答)を見ると、
「開業資金の調達・開業後の資金繰りがうまくいかない」の資金の問題が最も割合が高く、続いて、若年齢での起業傾向が高いことが影響しているためか「起業や経営の知識・ノウハウが不足」「仕入れ先や顧客の確保(顧客開拓、人脈開拓)が進まない」の問題点の割合が高い傾向があります。

起業後の問題点(3つまで複数回答)を見ると、
「人材の確保・育成ができない」が起業時の3倍以上で最も高い割合となり、次いで「開業資金の調達・開業後の資金繰りがうまくいかない」「仕入れ先や顧客の確保(顧客開拓、人脈開拓)が進まない」が起業時に引き続き高い割合となっています。なお、女性特有の問題点と考えられるのが「家事や育児等との両立が難しい」で、起業時には0.6%だったものが起業後には6.5%と、起業開始後に問題点として挙げられる傾向があります。

起業時・起業後の問題点 資料 :厚生労働省「平成18年版 働く女性の実情」

色々問題点はありますが、「独立支援.net」での起業は、サポート企業が起業希望者を支援致しますので、「知識・ノウハウ」、「開業資金」、「人材育成」など起業希望者が抱える、様々な問題点についてサポートする体制が整っています。 さらに詳しい情報は、各商材の詳細ページの「独立支援制度」のページをご覧ください。
まずは、サポート企業が行っている起業セミナーへの参加、または資料請求から起業をスタートしてみませんか。

特集バックナンバー: